So-net無料ブログ作成

『セルフ焙煎』の色んな使い方 [【お店】メニューなど]

親愛なるコハッカーの皆さん、こんにちわ♪
いきなり冬ですね。

さて今回は、
『セルフ焙煎』の色んな使い方をご紹介。
001.jpg
皆さん、こう思ってませんか?
「セルフ焙煎?コーヒーマニア向けだね♪」
なんて。
そんな事ないですよ!!
マニアの方じゃなくても十分に楽しくて、
意義のある活用法があります!!

それは、
僕がこの『セルフ焙煎』を始める時に、
想い描いてたアイディアの数々です。
ご参考になさって頂ければと思います。

では、始めましょう♪

まず最初に。
初めての方に軽く『セルフ焙煎』の説明を。
『自分でコーヒー豆の焙煎が出来る』
というサービスです。
料金は、1名1時間¥500。
生豆の状態で買って頂き、焙煎してもらう。
時間内であれば、何種類でも何回でもOK。
詳しい内容は下記のURLにて。
http://higashinecoffee.blog.so-net.ne.jp/self-roast

とまぁ、そんなわけで。
セルフ焙煎の使い方は大きく分けると、
二通りに分けれると思います。

ひとつは『自分の為』系
まぁ、一般的な考え方ですね。
・自分で焙煎したコーヒーを飲みたい
・趣味としてのコーヒーを深めたい
・単純に遊びとして楽しみたい
・将来、自家焙煎のカフェをやりたい
などなど、興味や趣味、知識、
技の習得やスキルアップに使う方法。

もうひとつは『プレゼント』系
まずは単純に、
・自分で焙煎したコーヒーを贈る
ちょっとしたプレゼント、季節のご挨拶。
純粋に『贈り物』として。

ちょっと変化球としては、
・『おもてなし』に使う
例えば、ウェディングケーキとかで、
『花嫁さん手作り』ってありますよね?
あんな感じでコース料理の最後に、
『夫婦で焙煎したコーヒー』を出すとか♪
大勢のゲストを迎える時に、
自分がひと手間かけたものを提供する
っての、ちょっとカッコイイでしょ?

これはもう魔球レベルの話ですが、
・自慢する!!
恋人や友達に飲ませてやりましょうよ!
「どう?俺が焙煎したコーヒー。」
「私のブレンド、良かったら飲んでよ♪」
みたいな?笑。

このように『セルフ焙煎』は、
自分だけが楽しいだけじゃなく、
色々な楽しみ方、使い方があります。

僕が気付いてないだけで、
他にも、もっとあるかも知れませんね?
新しいニーズを思い付いた方は、
是非、僕に教えてください!!
004.jpg
ではまた♪
nice!(0)  コメント(0) 

セルフ焙煎がさらに楽しくなる『生豆ボトルキープ』開始!! [【お店】お知らせ]

親愛なるコハッカーの皆さん。
インスタでチラ見せしてた新サービス、
『生豆ボトルキープ』
本格始動致します!!

では、説明しますね。

まさにスナックのボトルキープのように、
あなた専用ボトルに生豆をストック
003.jpg
一本500gです。

自分のお気に入りの豆(ストレート)や、
オリジナルブレンドを生豆でキープ。
002.jpg
『セルフ焙煎』をする時に、
「焼きたかったブラジルがない!?」
って心配がなくなります。

生豆ボトルキープは、
先に『生豆500g』を買って頂きます。

セルフ焙煎の時にも書きましたが、
『生豆』の販売価格は、
『店内販売のコーヒー豆』の¥100引き。
ブラジル…¥250/100g
コロンビア…¥250/100g
ジャワ…¥250/100g
ガテマラ…¥350/100g
マンデリン…¥350/100g
となっております。

さて、
皆さんにはここからが重要ですよね♪
『生豆ボトルキープ』の特典発表です!!

①『セルフ焙煎料金が¥100引き』
本来、『1名1時間¥500』ですが、
¥400で焙煎機を使用出来ます
焙煎出来る最低量が200gなので、
まぁ、無難にいくと2回分。
¥200のお得ってコトになります。

そして、次の特典がかなり面白いです♪

②『マスター!焙煎しといて!』
いわゆる、焙煎代行ですね。
でも、ちょっと考えてみてください。
『生豆ボトルキープ』って、
『セルフ焙煎』の為のサービスですよね?
てコトはつまり、
『セルフ焙煎代行』
ってコトです、、、。

なんじゃそりゃ!!
なんかもう、
『トゲアリトゲナシトゲトゲ』
みたいな話になってもーてるやん!!
本末転倒も甚だしいで!!笑

えーっと、では詳しく書きますね。
自分のオリジナルブレンドは作りたいけど、
焙煎はしたくない。
とか、
忙しくて焙煎をしに来る時間がない。
みたいな方向けの特典です。

焙煎代行料¥500を頂きます。
取りに来る日の5日前までに、
電話で代行依頼をしてください。
(連絡は早ければ早いほど良いです。)

今、「あれ?」と思いました?
②を使うと①の¥100引きが消えてしまい
ボトルキープの意味が無いじゃんて?
でも、それは違います。
『オリジナルブレンド』は作れるし、
『深煎り浅煎り』などの指定が出来ます。
ね?これかこれで良いでしょ?

5日前ってのが、
ちょっと早い気がするかも知れませんが、
店を一人でやってるで時間の余裕が、、、。
そこはご理解頂ければと思います。

まぁでも、ぶっちゃけて言うと、
僕のスタンスは、
『焙煎の楽しさ、面白さを知って欲しい』
なので、①の特典をどんどん使って、
セルフ焙煎して欲しい!!
のです。
だから、②に関しては、
僕の都合を優先させてもらいます。
てへぺろ(・ω<)♪

今回、この『生豆ボトルキープ』にあたり、
わざわざ、ボトル棚を作りました!!
001.jpg
カッコイイでしょ?

ボトルキープのボトルは、
好きなボトルを持参でもOKです。
ジャックダニエルとか角瓶とか。
色んなボトルが並んでる方が、
絶対に面白いし、眺めて楽しいから♪
(但し、フタが閉まるのでお願いします。)

では!!
『生豆ボトルキープ』
興味持った方は、是非、ご利用ください♪
nice!(0)  コメント(0) 

『おもてなし型』と『体験型』 [【個人】雑感、日記、コラム]

親愛なるコハッカーの皆さん、秋ですね。
紅葉がとても綺麗です♪

さて、今回は論文記事。
今、一番力を入れている『セルフ焙煎』を始めるのに、
どんな事を考えたのかを書きます。

もっともっと広まって、コーヒー焙煎の楽しさを実感して欲しい。
その為には、僕の中の想いも前に出していかないと、
本気さが伝わらないと思ったので、、、。

では、始めます。

好調にスタートしたかと思えた2017年。
第一次お客さんが来ないブームが二月にありました。
しかも、同時期に給湯器が壊れるという追い討ち。
月イチでやってた出張カフェの話も無くなり、
まさに、踏んだり蹴ったりの四面楚歌でした。

しかし、それはまだ序の口だったのです。

第二次お客さんが来ないブーム到来。
いや、あれはもうブームなんてものではなく、
第二次お客さんが来ない事変
ですね。
六月半ばから七月末日までの一ヶ月半、ほぼ開店休業状態。
もし、閑古鳥(カッコウの別名)が店先の森にいたなら、
ノドがちぎれるくらい鳴いてたでしょうね。
笑。

まぁ、そんなこんなで、
2017上半期、僕は発狂しそうになりながら、
「何か新しいコトをしないといけない!!何かお客さんが来ることを!!」
と、毎日、ずーっと考えてました。

いろいろやりましたよ。
ちょっと箇条書きしてみますね。

・大人気『チャイ』をレギュラーメニュー化
・イメチェン1『店内の壁をリメイク』
・心機一転『ツイッター新アカウント』
・新メニュー『氷コーヒー・オレ』
・イメチェン2『カウンター席リメイク』
・店までの道順解説『パーフェクトナビ』
・イメチェン3『店内の模様替え』
・宝くじ的クーポンサービス『こはくじ』
・流行りに乗っかって復活『パンケーキ』

どれも、まぁまぁ効果はありましたが、
前々から「こはくの天使」を使ってくれているお客さんに、
ちょっと反応して貰えた程度でした。

そこで、僕は血眼になって、
また何か新しいコトを探します。

その時、目に飛び込んで来た文字が、
今、『体験型』がキテる
という文字でした。

それを見て、数日間、考え続けました。
「体験型か、、、。
『コーヒードリップ教室』は新しくないし、
あんな誰でも出来るコト面白くもないしな。
どうせ『体験』するなら、
もっとワクワクドキドキな事やりたいよな。
そうだ!!
『コーヒー豆の焙煎をお客さんがする』
ってのはどうだろう?
聞いたコトないし、面白そうじゃね!?」
みたいな感じで、
『セルフ焙煎』という企画が生まれました。

そして、今、数は少ないですが、
セルフ焙煎を体験して頂いた方から、
「面白かった!」「案外、簡単だった!」
「また焙煎しに来ます。」
「次は深煎りに挑戦したい。」
など、
本当に心から楽しんで貰えたんだなと、
実感できる声を頂きました♪

で、ここからがこの記事の本題。

今、考えてみるとですね、、、。
上半期にした事(箇条書きのやつ)って、
お客さんは何も体験していないンですよ。
僕からの発信を受け取ってるだけ。
『能動』ではなく『受動』なんです。。

これを僕は『おもてなし型』と命名しました。

おもてなし型って、一回で満足する事が多いンです。
なぜなら、変化がないから。
これは至って自然な話で、
『同じサービスを、同じ料金で、不特定多数のお客さんに提供する』
ってのがお店の常識である限り、
おもてなし型が飽きられ易いのは当たり前の話ですよね。

一方、体験型は、
お客さんが自分で『商品』を作るので、
『毎回、別の物を作ってもイイし、同じ物を作ってもイイ』
これだけで、面白さや楽しみ方の幅がグッと広がります。
つまり、ハマればリピートしてくれる可能性が高い。

しかしながら、体験型は
「難しそう、面倒くさそう」
みたいな感じで、
初回のハードルが高いのがネック。
ココを解決しないといけなくて、、、。

僕は、今、その『ココ』にいます。笑。

「面白いよ!!」とか「簡単だよ!!」ってのは、
もちろん発信して行きますが、
『セルフ焙煎』に絡めた企画だったり、
キャンペーンだったりを撃っていきたいと思ってます。
何か良い知恵やアイディアがあったら、
お店に喋りに来てくださいね♪

最後に、
最近の僕がよく口にしている言葉で締めくくらせて頂きます。
「楽しいコトってのは面倒くさくて、面倒くさいから面白いンだよ」
nice!(1)  コメント(0) 

コーヒーの焙煎してるけど、僕は『アンチ・コーヒー豆焙煎職人』です。 [【個人】雑感、日記、コラム]

親愛なるコハッカーの皆さん、お元気ですか?
ビーフシチューの美味しい季節になりましたね♪
(↑フワッと宣伝。しらこい。)

さて、今回の記事は僕の雑感です。
面白がってもらえる様なのを書くつもりなので、
まぁまぁ、誇張して書きます。
まぁでも、八割りくらいは本気ですけどね♪
笑。

では、始めます!!

先日、『セルフ焙煎』の取材を、
タウン情報誌『タウトク』さんにしてもらいました。
その時にちょっと喋ったのですが、
もしかしたら、エッジが効き過ぎてて使われないかも知れないので、
だったら、もうここで書いちゃおうと思ったので書く事にします。

インタビューの際に、
「コーヒーの焙煎て難しくて、奥が深いってイメージがありますが、、、。」
と言われましたが、僕はすかさず、
なんならちょっと食い気味で、
「それ!!そういう事を言う『コーヒー豆焙煎職人』、一番嫌いです!!」
と返しました。
すると、記者さんは困惑顔。頭の上には『?』が浮かんでました。
笑。

でわ、その真意を語りましょう。

あのですね。
ハッキリ申し上げますと、
『コーヒー豆の焙煎』なんて、、、。

お豆さん焼いてるだけですからぁー!!
残念ーっ!!

ご家庭で『肉じゃが』作ってるお母さんの方が、よっぽど難しい事してます。
野菜切って、肉切って、調味料合わせて、煮過ぎないように火加減を調節する。
焙煎なんて、作業としては豆焼いてるだけですよ。
焚き火でアルミホイルに芋を包んで焼いてるのと大差ないです。

もうひとつの『奥が深い』ってやつ。
ンなもんね、言い出したらキリがないですよ。
手間隙掛けた『高級フレンチ』だろうが、
それこそ、焚き火の『焼き芋』だろうが、
なんでも追求すれば奥は深くなるもんです。
逆に聞きたいわ。奥が深くないものを。
笑。

まぁなんせ、
イキったコーヒー豆焙煎職人が、
イキってそんな事を言うもんだから、
世間一般に、
「コーヒー豆の焙煎は複雑そう、、、。」
なんてイメージが定着してしまってて、
ウチの『セルフ焙煎』のハードルが高くなってしまってるンですよ。
たぶん。

まぁこれは、
『コーヒー豆焙煎職人』である前に、
『料理人』である僕ならではの意見かも知れないですけどね。

勘違いをして貰っては困るのは、
僕は決して『料理びいき』をしているわけではなく、
実際に、僕は『料理』と『コーヒー豆の焙煎』をしているわけで、
実体験における感想を述べているまでです。

なので、自信を持ってハッキリと書きます。
コーヒー豆の焙煎は、
焚き火の焼き芋と同じくらい、
簡単です!!
つまり、
コーヒーは焼き芋ですっ!!
(哲学かっ!!笑)

皆さん、思い出してください。
初めて焚き火で焼き芋をした、あの時の楽しさと嬉しさを。
アルミホイルに包んで、火の中に投げ入れて、長めの木の枝でコロコロ転がして。
めっちゃ楽しかったでしょ?

ウチの『セルフ焙煎』は、
まさにあの時の感覚を感じられると思います!!
『初体験だからこそ、ノスタルジーを感じる』
絶対に面白いと思いますよ♪

イキってるコーヒー豆焙煎職人の、
イキってる言葉なんか信じなくて良いです。
だってそれは、
イキってるだけだから。

まぁでも、
これをドヤ顔で書いてる僕が、
一番イキってますけどね!!
笑。

昨日、来てくださった。
お店としても、初の『セルフ焙煎』のお客さま♪
IMG_4156.JPG
楽しんで頂けたようで、本当に嬉しかったな〜♪

これを読んだ皆さんも是非!!
nice!(1)  コメント(2) 

自分でコーヒー豆の焙煎が出来る『セルフ焙煎』始めます!! [【お店】お知らせ]

親愛なるコハッカーの皆さん。
クラウドファンディングの企画で作った、
『焙煎小屋』が完成し、
いよいよサービスが始動します!!

まず、お礼を述べさせてください。
クラウドファンディングや直接の支援で、
パトロンとなって頂いた皆様、
誠にありがとうございました!!
無事、プロジェクトを始める事が出来ます。
是非、コーヒー焙煎を楽しんでくださいね♪

では、本題に入ります!!
自分でコーヒー豆の焙煎が出来るサービス
の名前は分かりやすくシンプルに、
『セルフ焙煎』
になりました。

内容を細かく書き出すと長くなるので、
とりあえず、簡潔に書きますね。

コーヒーを生豆で買って、自分で焙煎をする
ってことです。ンで、それが、
一回¥500で出来る
って話です。

ここまで、OKですか?
では、ここから細かく具体的に、
どんな事をするのか書きます。

まず、
①【好きな生豆を選び、量を決める】
生豆

生豆の価格は、
店で販売しているコーヒー豆の¥100引き
となります。つまり、
ブラジル…¥250/100g
コロンビア…¥250/100g
ジャワ…¥250/100g
ガテマラ…¥350/100g
マンデリン…¥350/100g
※焙煎機が焼ける最少量が200gなので、
200g以上からの販売となります。


焙煎の深さで多少変わりますが、
焙煎すると水分が飛ぶので重量は減ります。
例えば、
200gの生豆を焙煎すると、
160〜180gくらいになります。
焼いた後の重さは予測が出来ないので、
生豆の状態での量り売りとなります。

②【焙煎機で焙煎する】
焙煎機
画像の焙煎機で焙煎をします。

もちろん、この『使用ガイド』を使って、
使用方法や注意事項の説明
を実物と見比べながらします。

セルフ焙煎.jpg

そんなに難しい機械ではないので、
全然、ご安心ください♪
※火を扱うので安全の為、
焙煎機を扱う人は18歳以上に限ります。


③【料金は1名1時間¥500】
カラオケの料金が比較として丁度良いので、
先にカラオケの料金を簡単に説明します。
カラオケは『1名1時間¥500』だと、
3人だと1時間で¥1500払いますよね?

このセルフ焙煎はアレではなくて、
3人で来ると¥1500は頂きますが、
焙煎機を3時間使えます。

って感じ。

例えば、2時間使いたい方は、
1人で¥1000払うか?
2人で¥500ずつ払うか?

の選択肢があるってことです。

もうお分かりですね?
複数人で来た方がお得です♪

④【試飲は無料】
焙煎をすると感じると思います。
「この焼き具合は、どんな味なんだろう?」
って。
その疑問の解決法は、たったひとつです。
「飲めばイイじゃん!!」

そんなわけで、焙煎したコーヒー豆は、
何杯でも無料でドリップします。
試飲してみて、
「もうちょっと苦い方がイイな」とか、
「芳ばしさが欲しいな」とか感じたなら、
時間内なら何度焙煎して頂いてもOKです♪

以上。細かい説明は終わりです。
長々と書きましたが、要は、
コーヒー豆の焙煎やってみませんか?
楽しいですよ♪
ってだけの事です。笑。

最後に、【要予約】です。
希望日時を電話にてお知らせください。
↓現在の予約状況はコチラ
セルフ焙煎の予約状況
(空いてるなら前日でも大丈夫です♪)
0885-37-0765

コーヒー豆の焙煎
新しく趣味のひとつに加えてみませんか?
皆さんの第一歩、お手伝いさせて頂きます♪
nice!(0)  コメント(0) 

ビーフシチュー、ロールアウトします。 [【お店】メニューなど]

親愛なるコハッカーの皆さん、お元気ですか?
寒くなりましたね。
ンなわけで、今年もこのメニューの季節がやって来ました!!

ビーフシチュー!!
bfstew.jpg

トロッと柔らかく脂身の甘味が美味しいバラ肉と、
ホロッと崩れるけど食べごたえのあるモモ肉を使用。
香味野菜や果物と一緒に赤ワインに一昼夜漬け込み、
数々の行程を手間ひまかけて2日間。
本当にじっくりと丁寧に作ってます。

ビーフシチュー ¥1100
ビーフシチューセット ¥1600
(スープ、サラダ、ポテト、ライス付き)
※ビーフシチューの中に入っている野菜は、仕入れの状況によって変わる事があります。

冬の大人気メニューですので、すぐに売切れになります。
でも、仕込みに時間がかかるので、すぐには補充は出来ません。

確実に食べたい方は電話やメール、SNS等で問い合せしてください。
0885-37-0765
在庫があったら、取り置き対応させて頂きます。
(・ω<)♪

この冬も『こはくのビーフシチュー』をご堪能ください。
でわまた!!
nice!(0)  コメント(0) 

『自由にコーヒー豆の焙煎が出来る場所』準備中!! [【お店】お知らせ]

親愛なるコハッカーの皆さん、こんにちわ。
涼しかったり、蒸し暑かったり、体調管理が難しいですね。
風邪など召さぬよう、お気を付けください。

ンなわけで、一ヶ月ほど前に、
『コーヒー豆の焙煎釜を作りたい!!』
ってコトでブログを書いたのですが、
色々となんだかんだと考えて、
アレがいるコレがいるとお金の計算をしたら、

焙煎釜ではなく焙煎小屋を作った方が、
断然コスパが良いし使い勝手も良い!!

という結論に至りました。
そんなわけで今、
『コーヒー豆の焙煎機を置く小屋』
をDIYで作っています。

そもそもの話をしますと、
コーヒー豆の焙煎を『体験型の遊び』として、
誰もが気軽に楽しめるサービスを始めたい。

ってのが始まりです。

すごく分かりやすい例え話をします。
僕が想い描いてるのは『カラオケボックス』です。
決して、『カラオケ教室』ではございません。

歌いたかったり、遊び、暇潰しなどなど、
リーズナブルで気軽に楽しむのが『カラオケボックス』

一方、『カラオケ教室』はガッツリと知識とトレーニングを重ねるのが目的、
その為には指導者が必要なので、授業料としてそこそこの金額が掛かります。

さて、どっちが面白そうですか?
ンなもん、決まってますよね?
『カラオケボックス』です。

そんな感じのノリで、
気軽に『コーヒー豆の焙煎』を楽しんで貰える環境とサービスを、
現在、DIYで作成中なのです。
個人でマニアックにやっても良いし、友達とワイワイ言いながらやっても良い。
なんせ、楽し面白いのが一番です。

あれ?今、こう思いませんでした?
「でも、コーヒー豆の焙煎って難しそう、、、。」
確かに、家で『コーヒー豆の焙煎』なんてしませんもんね?
どんなものなのか想像も着きませんよね?

ぶっちゃけましょう、、、。

簡単ですっ!!

分かりやすいように、極端に書きますよ。
でも、これ真理ですよ。
コーヒーの焙煎てのは、、、

豆焼いてるだけですからーっ!!

料理人の僕から言わせて貰えばこんな感じです。
毎日、ご家庭で料理を作っているお母さん、自炊してる大学生のお兄ちゃん。
なんなら、目玉焼きを焦がさず作れる方なら出来ると思います。
つまり、火加減がわかる人ってコトです。

『コーヒーを焙煎する人が料理が出来る』場合と、
『料理をする人がコーヒー豆の焙煎が出来る』場合。
どっちが多いと思いますか?
ンなもん、どう考えても後者です。
料理は焼くだけではなく、煮たり蒸したり、色んな作業をするンですから♪

と言うわけで、、、。
長くなりましたが要は、
「そんなにハードルは高くないですよ♪」
ってコトをお伝えさせて頂きました。
笑。

ここから本題。
そんなわけでこの記事では、
今までのDIYの様子をまとめて見て貰おうと思ってます!!
ちょっとでも、興味を持って頂くために!!

まず、最初に今回のDIYの大前提を書きます。
『とにかく防腐防水!!』
屋外に置く小屋なので、出来るだけ風化に耐え得るように作らないといけません。
なので、塗装に関しては、
『下地塗り→研磨→下地塗り(二回目)→研磨→ペンキ塗り→研磨→ペンキ塗り(二回目)→ニス塗り』
これが基本です。
塗りと付いている作業には、乾燥が伴うので丸一日使うと考えてください。

でわ!!パパパッっと行きましょか!!

まず、壁にする板を買って来て、オイルステインで下地塗りをしました。
001.jpg
機械が見えると思いますが、これは『サンダー』と言って研磨する機械。
『研磨』と書くと分かりにくいですかね?
要は、『紙ヤスリを巻き付けて表面をツルツルにする機械』です。
表面の凸凹がない方が塗料のノリが良くて、しっかりと材木をコーティングしてくれるのです。

そして、今回、柱の加工に『ほぞ穴』を多用しました。
002.jpg

以前やった時に失敗したので、
今回はいろいろとネットで調べて道具を揃え、リベンジしました。
003.jpg
合計で8個開けたのですが、
道具を揃えてたので比較的楽だったとは言え、かなりキツかったです。
笑。

壁板のペンキ塗り。
004.jpg
全部で36枚あり、雨対策として隅々までちゃんと塗ったので、
思った以上に時間を食われましたね。

柱は、ほぞ穴を開けて安心してたのですが、この時点で予想外の事実が発覚します。
僕の設計が甘かった為、かなり不安定だったのです。
「ダメじゃんか」てコトで急遽、柱に的なものを付けるコトに。
005.jpg
流石、俺。ピッタリだ、俺。

で、コレを作ったのは良いのですが、
「あれ?コレ、どうやってくっ付けるンだろ?」
流石、俺。バカだ、俺。

ンなわけで、いろいろネットで調べた結果。
今回、初体験となる『ダボ』を使う事に。
006.jpg

なんせ、初めて扱うので要領が分からず、
ガッチガチのを無理矢理押し込んで、
007.jpg
この後、見事に折れました、、、。(^_^;)。
この作業をしていたのは、深夜1時でしたので僕の心も折れました。
なので、折れた画像はありません。笑。

そんな紆余曲折を重ね、柱完成。
008.jpg

とりあえず、安定のオイルステイン。
009.jpg

数日をかけてヤスリ掛けをした後、閉店後の深夜に重ね塗り。
010.jpg

天候が崩れ、雨との戦い。
塗りの作業が出来ないので、ひたすら研磨の作業をする。
雨が避けれる場所は、この居住用入口の玄関先のみ。
011.jpg

そして、ここからが昨日の画像です。
休日でしかも快晴!!
イッキにヌリにケリを付けにイキました!!

まずは壁板のペンキ塗りを午前中に済ます。
012.jpg

昼飯の弁当をかっ込み、柱のニス塗り。
013.jpg
壁板は取り替え可能だけど、柱は取り替え不可なので、
完全防腐防水防虫の為にテッカテカになるまで重ね塗り。

乾燥させている間に、
十年くらい前に作った木組みの半分を分解しテラスから退けました。
014.jpg
今までありがとう!!半分の木組み!!
この場所に新しい小屋が建つのです。

で、その後、
壁板にニスを塗り、テラスの空いたスペースに並べて本日まで乾燥させました。
015.jpg

そんなわけで、とりあえずこれで70%くらい完成しています。
残りは、、、そう!!
『屋根』です!!
一応、目処は付いているのですが、お金の方がちょいと足りません、、、。
(^_^;)。
もちろん、時間を掛ければ大丈夫なのですが、このプロジェクトには期日があるのです。
なぜなら、クラウドファンディングを起ち上げているので!!

【誰でも『コーヒー豆の焙煎』が出来る場所を作りたい。】
https://camp-fire.jp/projects/view/44922

ハッキリと明記はしていませんが、
出来れば11月までに、遅くても12月には絶対に完成させたい
のです!!
もう残り少ない日数ではありますが、もし良ければご支援頂けるととても助かります!!
よろしくお願い致します!!

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました!!
nice!(0)  コメント(1) 

コーヒー豆の焙煎釜を作りたい!! [【個人】雑感、日記、コラム]

親愛なるコハッカーの皆さん、おはようございます。

いきなりですが、皆さんの中に『レンガ積み』が出来る方はいらっしゃいませんか?
レンガ積みと言っても本当に積むだけではなく、水平を取ったりセメントでくっつけたり。
つまり、『プロ(もしくはプロ並)の知識のある方』です。

僕は今、お店のテラスに『コーヒー豆の焙煎釜を作りたい』と思ってます。
正確にいうと『焙煎釜』ではなく『焙煎機の置き場所』ですが、
便宜上、『焙煎釜』と呼ぶ事にします。

百聞は一見に如かず。
画像を観てもらえれば一発です。

この焙煎機を、
001.jpg
テラスのココに常設したいので、
002.jpg
こんな感じでレンガを組みたい、
003.jpg
というわけです。

「それなら、人探しなんかせずにプロに頼めばイイじゃん。」
と思われるかも知れませんが、、、。
まず、単純に『頼んで作って貰えるようなお金がない』ってのがひとつ。
もうひとつは、『レンガ積みの体験(スキル、知識の獲得)』がしたいのです。
だから、教えて貰いながら一緒に作りたいと思ってます。
なので、現役の方じゃなくても、
「元左官職人だけど、今はリタイヤして、暇で、暇で、、、。」
みたいな方でも、、、と言うか、そういう時間に余裕がある方が好ましいです。
もちろん、現役の方でも『練習や試しにやってみる』的なノリでも大丈夫です。

では、
『なぜ、テラスに焙煎機を常設したいのか?』
それは、
『コーヒー豆焙煎体験イベントがしたいから』です。
苺狩りやワークショップみたいな感じで、
お客さんにコーヒー豆の焙煎を体験してもらいたいのです。
この焙煎機は『1キロ釜で直火焼き』なので、
少量の豆でも焙煎できるし、直火なので時間も比較的早く焼けます。
なにより焙煎機を使うから簡単です♪
焙煎する量にもよりますが、
30分くらいで楽しめる丁度良い体験イベントができるンじゃないかな?
と思ってます。

もうひとつ、僕がずっとやりたい事だったのですが、
この企画で『クラウドファンディング』に挑戦してみたいと思ってます。
「企画は思い浮かぶのに、材料や作業に必要なお金がない。」
今まで13年間、店をやって来て何十回とぶつかった壁です。
ここ2〜3年でやっと、その壁を壊す方法が出て来ました。
それが、クラウドファンディング。
今の『こはくの天使』に資金が集まるかは不安ですが、
今後、時代に取り残されない、時代遅れにならない為に一度挑戦したいのです。

でも、クラウドファンディングするには『目標金額』が必要です。
材料費と人件費(レンガ積みを教えてくれる人へのギャラ)、
すべてを計算してからでないと目標金額を設定することが出来ません。

なので、、、。
皆さんの中に『レンガ積み』が出来る方はいらっしゃいませんか?
レンガ積みと言っても本当に積むだけではなく、水平を取ったりセメントでくっつけたり。
つまり、『プロ(もしくはプロ並)の知識のある方』です。

ご自身じゃなくても、お友達でも結構です。
気さくにお手伝い頂ける方がいたら、ご紹介して頂きたいです。
よろしくお願い致します。
nice!(0)  コメント(0) 

『アイスコーヒー戦争』 [【お店】メニューなど]

親愛なるコハッカーの皆さん、こんにちわ。

先日、『あかさこ珈琲』の赤窄さんと、
コーヒーについて話をしていた時、
「こはくさんのその熱い想い、ブログに書いてよ。」
と言われたので書く事にします。
お楽しみ頂ければ幸いです♪

『アイスコーヒー戦争』
001.jpg

事の始まりは僕、
「こんな時代だから仕方ないけど、カフェとか喫茶店でアイスコーヒーを飲むお客さんて激減しましたよね、、、。なんか、ほぼコンビニコーヒーに持ってかれてる気がする。」

そうすると、赤窄さんがこう返しました。
「そりゃ仕方ないよ、美味しいもん。」

「はぁ!?あんなモンのなにが美味しいンすかッ!?
あんな、機械でビャーってやっただけのもんがっ!!
あんなモン、エスプレッソに氷入れてるだけでしょうがっ!!」


と思わず、北の国からの五郎の様に暴発した僕に対して、
赤窄さんはなだめる様に言いました。

「いや、もちろん、お店がドリップして、
手間をかけて冷やしたアイスコーヒーの方が美味しいよ。それは絶対。
でも、コンビニのはお手頃価格でしょ?
いわゆる『コスパ』ってのを考えると、コンビニのはよく出来てると思うよ。」

002.jpg

確かに。
赤窄さんの仰ってるコトはよくわかります。
でもね?

『コスパ』って『コストに対するパフォーマンス』なわけじゃないですか?
¥100に対する美味しさ『2』と、
¥400に対する美味しさ『8』は同じなんですよ、、、。
そして、僕は断言します。

お店のアイスコーヒーは軽々『8』なんて越えてるとッ!!
『コスパ』という話なら、
専門店が圧勝だッ!!

これは、
「こはくの天使のアイスコーヒーがそうなんです♪」
なんて、クソつまんねー話ではございません。

あらゆる喫茶店やカフェ、コーヒー専門店など、
『人が淹れてる(ドリップ)してるアイスコーヒー』
すべてに言えるコトです。

もちろん、人によって味の好みってのがあるから『好き嫌い』はあるでしょうが、
コスパの『パフォーマンス』という意味で言うと、
どの店もコンビニのあのマシンに負けてるとは思えません!!

003.jpg

ただ、喫茶店やカフェの中には、レトルトのアイスコーヒー出したり、
コンビニと同じ様にエスプレッソマシンで抽出しただけの店もあります。
もちろん、時間が短縮出来たり、作業の手間が省けたり、
お店の運営に関わってくる事だから、善し悪しがどうこうは言わないですが、、、。

「そんな事をするから、コンビニが簡単に真似出来てしまうねん!!」

と言いたい。
そして挙げ句の果て、コンビニにコーヒーのお客さんを持って行かれてるのです。
だって、お客さんからすると、
「お店の味と変わらないし、なにより安いからコスパが良い。」
ってなりますもんね♪

赤窄さんは続けてこう言いました。
「こはくさんがそれだけ熱い想いを持ってても、現実はコンビニに持ってかれてるんです。それはウチ(あかさこ珈琲)も例外じゃない。なにかコーヒー以外にも他に方法を考えないと、、、。」

「嫌です!!」
思わず僕は即答してしまいました。
「あ、いや、もちろん。
お店の経営として他の方法を模索するのは当たり前ですが、
アイスコーヒーの件に関しては、アイスコーヒーで勝負します!!
やり方とか戦略とか、ンなもん、まったく思い付いてないけど
とにかく、僕は
「コンビニのアイスコーヒー飲むくらいなら、店に入るよ。」
っていう人を増やしてやるンです。
僕がコンビニに勝つ方法を見つけてやりますよ。」

すると、赤窄さんがひと言。
「こはくさんのその熱い想い、ブログに書いてよ。」

004.jpg

そんな感じで、僕は今、
コンビニに対して『アイスコーヒー戦争』を仕掛けています。
書くまでもないですが相手は強大です。
支持者も多いでしょう。
でも、絶対に負けない!!

本当に美味しいアイスコーヒーを守る為、
皆さん!!アイスコーヒーはカフェ、喫茶店などの専門店で飲んでください!!

そして、、、。

こはくの天使には
絶対に来てください!!

(↑結局、最後は自分とこの宣伝かい!!笑。)
nice!(0)  コメント(0) 

『宝くじ』ならぬ『こはくじ』始めます!! [【お店】お知らせ]

親愛なるコハッカーの皆さん、こんにちわ。
先日の記事、
【ショップカードを使った新しいアイディア】
がとうとう完成しました♪

サービス名は、
『こはくじ』
です!!

===

早速、内容から行きますか!!
超カンタンに書くと、システム的には『宝くじ』です。
『当選番号』があって、その番号の人が『特典を受けられる』

では、その当選番号を書いているもの(宝くじで言うと『券』)は何か?
それが、こはくの天使のショップカードになります。
但し、このカードはご来店頂いた方しか手に入れられません。

007.jpg
すべて手描きです!!100枚!!

僕ひとりではネタも尽きるし、
なにより単調になって面白くないだろうと思い、
お客さんにも手伝って頂きました♪

オシャレ&カワイイ雑貨屋さん風♪
003.jpg

これは北島のヘアサロン『I feel』の店長さんが♪
http://www.ifeel-hair.com/Home.html
004.jpg

超かっけー、ゼンタングル!!
005.jpg

ほのぼの可愛いキャラ系♪
006.jpg

同じ絵柄のカードは1枚もありません!!
気に入った1枚をお選びください♪

===

さて、宝くじ的な数字はシリアルナンバーと呼ぶ事にします。
そのシリアルナンバーは、どこに書いてるかと言うと、、、。
008.jpg
基本的にはカードの裏(右上)に書いてます。
中には、ちょっと分かりにくいデザインのもあるので、
分からない時は、僕に確認して頂ければと思います。

===

次に、『当選番号の発表の仕方』について。
毎週25個のシリアルナンバーを『ラッキーナンバー』として発表します。
(25個のシリアルナンバーは、ローテーションで回します。)

『全部で100枚で、毎週25名が当たり。』
つまり、このカードを持っていれば、
『毎月一回、必ず当たりの週(ラッキーウィーク)が来る。』
ってコトです。

ラッキーナンバーは毎週、一覧でこのブログにアップします。
しかしながら、このブログをブックマークする必要はありません。

twitter【 https://twitter.com/KohakuNoTenshi
facebook【 https://www.facebook.com/KohakuNoTenshi/?pnref=lhc

抽選日には上記のSNSで、
『こはくじラッキーナンバー』と題して直リンクを貼りますので、
どちらでもお好きな方をフォローして、毎日チェックしてください♪

===

皆さん、お待ちかね!!
『ラッキーウィークの特典』
の発表です。

A:自家焙煎コーヒー豆の販売価格10%引き!!
 (『コーヒー豆の購入のみ』でも可。)

B:メニューの『COFFEE』『ESPRESSO』から、どれでも1杯無料!!
 (『コーヒーのみ』は不可。)

C:『ポテト【塩】』が無料!!
 (『ポテトのみ』は不可。【塩】以外のポテトに関しては、差額のみでOK。)

ABC、いずれかのサービスをお選びください♪
ラッキーウィーク期間中、毎日お越し頂いても結構です!!
但し、特典のご利用は一日一回とさせて頂きます。

===

超お得!!『ラッキーコラボカード』!!
009.jpg
画像のカードは10枚ずつあります。

このカードは『こはくじ』兼『クーポン券』となっております。
『こはくじ』の当選番号が外れても、各店舗ではいつでも使えます♪

あかさこ珈琲さんの特典。
https://www.facebook.com/Akasako.COFFEE/
『ケーキ半額』

山陽堂さんの特典。
https://www.facebook.com/sanyoudou/?fref=ts
『和菓子・お赤飯が一割引』

一生懸命、ショップカードを手描きしたけど、
現実的に考えると、この『コラボカード』がお得なので、
「先に無くなるんだろうなぁ〜、、、。」
なんて思ってます。笑。

===

そんなわけで『こはくじ発表&説明』は終了です!!
あとは店内に、説明書きとショップカードを設置したら、
その時、こはくじがスタートです!!

皆さん!!是非、ゲットしに来てくださいね♪

nice!(0)  コメント(0)